近年増えている非定型うつ病|従来のうつ病との違いとは

笑顔の女性

女性に多いうつ病

男の人

症状

うつ病と言っても、様々なタイプがあり、原因も一つではありません。近年多くなってきていると言われているのが、「非定型うつ病」と呼ばれているものです。非定型うつ病は、20代後半から30代の特に女性に多く発症する傾向にあると言われています。非定型うつ病は、発症している人にとって楽しいことや嬉しいことと感じている事柄を行う際には、それまでの不調が嘘のように元気になるという特徴があります。そのため、仮病や嘘をついている、サボっていると感じられる場合もあります。しかし、その好調は長続きはしません。好調な時期が過ぎ去ると、元の憂鬱な気分に戻っていきます。また、うつ病というと、不眠や痩せるなどの症状があらわれることが多いのですが、非定型うつ病の場合には、いくらでも眠ることが出来る、体重が増加するなどの症状が見られるなど、一般的なうつ病とは異なる症状があらわれるのが特徴の一つとしてあります。原因は様々あると言われていますが、育った環境や多感な時期が影響があると言われています。

治療

非定型うつ病の症状が見られた際には、早めに医療機関を受診するようにしましょう。症状が現れたとしても、適切な治療法を受けることにより、日常生活を送ることが出来るようになります。非定型うつ病では、これまで関心があった事に興味が持てなくなる、疲労感を感じる、集中力が低下する、過食や過眠などの症状が見られることがあります。このような場合には心療内科もしくは精神科を受診するようにしましょう。治療は、投薬とカウンセリングが中心となります。内服薬は、定型うつ病では高い効力を発揮するものでも、非定型うつ病ではそれほど高い効力を発揮することが出来ないものもありますので、カウンセリングも行われます。医療機関での治療の他に、日常生活でも気をつけることで、症状を軽減させることが出来る場合もあります。気分が乗らないという時でも、家事や仕事は無理のない範囲で行うようにしましょう。そして、規則正しい食生活を心掛けることも大切です。ダラダラ食いや欠食は避けるようにしましょう。