近年増えている非定型うつ病|従来のうつ病との違いとは

女の人

女性に多いうつ病

男の人

近年、20代後半から30代の女性に増えていると言われているのが、非定型うつ病です。一般的なうつ病とは異なる症状が見られるため、気が付きにくい場合もあります。しかし、適切な治療を受けることで症状は改善します。

View Detail

若者に多いうつ病

医療

生活を変える

うつ病には、従来型うつ病や非定型うつ病があります。原因としては、ストレスや生活習慣の乱れによるものです。若い人にも急増中の非定型うつ病ですが、悪化しないように対処法が必要です。生活習慣の改善をしましょう。うつ病になる人は、必要な栄養が不足している場合があります。バランスの良い食事をとることで、うつ病対策に繋がります。うつ病に効果がある食べ物は、魚類、バナナ、ナッツ類、納豆、鶏レバー、かつお節、ピーマンなどです。これらの食品をバランス良くとるようにしましょう。糖分をなるべく控えた食事をとるようにしてください。このように薬に頼らない食事療法が人気となっています。毎日の食事で、うつ病を対処することができるのが理由です。毎日続けて摂取することで、ゆっくりと効果が現れてきます。うつ病には、バランスの良い食事と規則正しい生活のリズムが大切です。運動も効果的です。有酸素運動が効果的なので、軽いストレッチやウォーキングをするように心がけましょう。生活のリズムを整えましょう。

治療を進める

非定型うつ病は、特に女性に多いと言われているうつ病の一種です。従来のうつ病とはいくつか違う点があります。わがままや甘えと流されやすく、非定型うつ病に気付かない人も多いです。非定型うつ病の症状は、抗うつ症状はあるが、好きなことに対しては行動することができる、過食、過眠、疲労感、倦怠感、夕方に症状が悪くなるなどがあげられます。従来型うつ病の治療方法は、最も休養することが大切ですが、非定型うつ病の場合は、休養することも大切ですが、適度な負荷をかけることも大切です。少し頑張った方が治りが早くなります。非定型うつ病の場合は、薬物治療は中心ではありません。薬物治療よりも精神療法が効果的です。精神療法にはいくつか種類がありますが、カウンセリングや認知行動療法、対人関係療法などにより、自分の考え方を改善することにより治療することができます。精神療法は、考え方の歪みを修正することで再発防止にもなります。日常的に生活リズムを整え、規則正しい生活を送りながら、きちんと治療も行なっていきましょう。

適切な対処法を知ろう

女医

従来型のメランコリー親和型うつ病に対し、異なる症状を示すものを非定型うつ病と呼んでいます。非定型うつ病の患者には自分の好きなことなら頑張れるという特徴があり、このため対処法においても従来型のうつ病患者と非定型うつ病患者とでは違いがあります。

View Detail

最近急増加中の心の病

案内

これまでのうつ病とは異なる新しいうつ病、それが「非定型うつ病」である。周りとの衝突を避け自分の意見を言えない人がかかりやすく、気分の落ち込みなど様々な症状がみられる。しかし、その症状は病気であると思われにくく治療に踏み切れないことが多い。そのためこの病気への理解を深めることも大切だといえる。

View Detail

若い女性に多いうつ病

医者

非定型うつ病とは、うつ病の代表的な症状である気分の落ち込みや、やる気が出ない状態が見られるものの、楽しい出来事なとがあると一気に気分が高揚するのが特徴のうつ病です。非定型うつ病は毎日必ず朝日を浴び、軽めの運動を習慣にすることで症状の改善が期待できます。早朝のウォーキングが最も効果的とされています。

View Detail

異質なうつ病

笑顔の女性

非定型うつ病の治療には主に抗うつ薬の服用が中心です。さらには患者自身が自分を客観的に見つめ直す療法も用いられています。いずれにせよ専門機関による確かな診断のもと、ゆっくりと時間をかけて治療に取り組む必要があります。

View Detail